レオはミニチュアダックス

午前起きて外に出るといった、きれいな雲一種薄い晴天だ。今日は勤めも休日だし、いつも夕暮れバタバタしてレオのウォーキングに行ってるので、午前ゆっくりとウォーキングに行こうと思いレオに声を掛けました。レオはしっぽをふって大喜びだ。外に出るって未だに肌寒いけどこういう青空の下、気持ちいい心中になりました。何度も私の顔つきを見ながらしっぽをふりながら並んで走り抜けました。常に出向く所は近くの公園だ。私の乳児陣はもう広いのでウォーキングもしてくれません。ですから人の大好きなレオを連れて行くのです。レオはミニチュアダックスの牡で色彩はクリームだ。コンパクト犬だから子供達にも呼物だ。
歩いているという後ろから「中年、レオー」といつもの小学校の子供達が走ってきました。あなたって公園をめぐって順番に誘引を持たせてあげて遊んでもらいました。お輩も皆があげてくれました。男児も母親もいますが楽しそうで、一際レオが喜ばしくて横になって腹を直ぐ見せるのです。次第に遊んでまたあなたと歩いて帰りました。
またあんな日本晴れの午前には、レオのウォーキングに行こうと思います。レオも子供達も喜ぶし、私も癒されます。ホスピピュアの情報サイト